会社情報
構造設計
新商品の企画・開発
室内環境設計
設計施工・不動産全般
デザイン
 
J耐震開口フレーム
 
Q&A
1.概要編   2.設計編   3.施工編   4.その他
1.概要編
Q1 開発目的を教えて下さい。
A1 大地震の教訓から、「もし開口部が耐力壁だったら」という発想のもと本工法の研究に着手しました。 ユーザーが求める「耐震性」と「プランの自由度」を同時に高めることを目的としています。
Q2 「J-耐震開口フレーム」を使用することによって、どのような効果がありますか?
A2 ・狭小間口、インナーガレージ、縁側付きなどのプランが設計可能となります
・開口部がねばり強くなり、いざという時の非難経路を確保できます
・耐力壁が計画的に分散配置されることにより、引抜力が軽減されます
Q3 耐力評価は行われていますか?
A3 公的機関を含む数カ所で、200体以上の試験を行っており、以下のような評価を取得しています。
 ・建築基準法施行規則第1条の3「大臣認定 TWDB-0062」取得
 ・(財)日本建築防災協会「住宅等防災技術評価 DPA-住技-4」取得
Q4 「J-耐震開口フレーム」の形状にはどういった種類があるのですか?
A4 BOX型(四方枠)と門型(三方枠)の2種類があります。
 <BOX型>               <門型>
  4つのL型部材を組合わせる      一体型と中央分割型の2タイプ
  一般的な窓部分に使用         車庫入口や掃出し窓(1階部分のみ)に使用
  部材断面:105×150           部材断面:105×240
  最大スパン:3,640mm           最大スパン:6,370mm
Q5 ラーメン工法との違いを教えて下さい。
A5 「J-耐震開口フレーム」は、              ラーメン工法は、
 ・軸組、合理化工法に即利用可能           ・従来の工法に利用するのは難しい
 ・水平力のみを負担し、鉛直力は負担しない     ・水平力と鉛直力の両方を負担する
 ・部材断面が一定                     ・軸力、スパンなどにより断面が変化
 ・一般的な基礎に設置可能               ・特殊な基礎形状となる
 ・筋かいや合板と同様に部分的に使用が可能    ・複雑な構造計算が必要
▲ページトップへ
>> 前ページに戻る
2.設計編

Q1 「J-耐震開口フレーム」はどのような箇所に設置すればよいのですか?
A1 組込車庫の入口や掃出し窓といった大開口部、計算により壁量の不足している箇所などで使用して下さい。
※弊社ではフレーム使用箇所の提案も行っております。
Q2 「J-耐震開口フレーム」の利用に際し、どのような計算を行えばいいのですか?
A2 原則として許容応力度計算が必要です。ただし、行政によっては壁量計算だけでよい場合がありますので事前に確認下さい。
※弊社ではフレームを使用した物件に限り、特別料金にて構造計算を実施しております。
Q3 改修工事での使用は可能ですか?
A3 使用可能です。本工法は、改修を意識して開発しており、(財)日本建築防災協会の「住宅等防災技術評価」を取得しています。
※補助金の対象工法として登録されている自治体もあります。
Q4 「J-耐震開口フレーム」に鉛直荷重が作用する場合はどのようにしたらよいですか?
A4 梁せいの調整またはまぐさを設けます。
「J-耐震開口フレーム」が鉛直荷重を負担しないようにして下さい。
Q5 相当壁倍率と単位長さ当りの壁倍率の違いを教えて下さい。
A5 相当壁倍率=許容せん断耐力/1.96
単位長さ当りの壁倍率=相当壁倍率/柱芯距離
▲ページトップへ
>> 前ページに戻る
3.施工編
Q1 取り付けにはどの位の時間がかかりますか?
A1 BOX型を1体取り付ける場合、大工さん2人で30分程度です。
Q2 現場にはどのような状態で納品されるのですか?
A2 BOX型は4分割、門型は一体又は中央で分割された状態で現場に納品されます。
「J-耐震開口フレーム」は、品質管理の面から工場で製作されます。
※設計・施工マニュアルを参照下さい。
Q3 コーチボルトの止め付けに際し、柱・横架材への下穴は必要ですか?
A3 必ず下穴をあけて下さい。
※設計・施工マニュアルを参照下さい。
Q4 「J-耐震開口フレーム」接合部のアラミド接着部分に釘打ちしてもいいのですか?
A4 釘打ちすることはできますが、本数に制限がありますのでマニュアルを参照下さい。
Q5 土台からアンカーボルト(ナット)が突出しているのですが、「J-耐震開口フレーム」を座堀りして設置してよいですか?
A5 「J-耐震開口フレーム」への座堀りや欠き込みは行わないで下さい。
土台を座堀りするなどし、アンカーボルト(ナット)が突出しないよう調整する必要があります。
▲ページトップへ
>> 前ページに戻る
4.その他

Q1 「J-耐震開口フレーム」の施工実績を教えて下さい。
A1 2006年12月現在で1200フレームの施工実績があります。
店舗併用住宅やアパート、公共建築物などでの使用も増えてきています。
Q2 「J-耐震開口フレーム」はどこから購入することができますか?
A2 全国に販売代理店があります。(こちらを参照下さい)
Q3 発注から納品までどの位かかりますか?
A3 地域によりますが、約1週間〜10日となります。
Q4 工業所有権は取得されていますか?
A4 特許第2946299・3878933号、実用新案第3099949号を取得しています。
▲ページトップへ
>> 前ページに戻る
 
トップページ会社概要プライバシーポリシー利用規約サイトマップお問合わせ
 
  〒005-0822
北海道札幌市南区南沢2条3丁目13-30 JASビル
TEL:(011)573-7779 / FAX:(011)573-7811

東京事務所:東京都文京区本郷3-30-8 熊野ビル2F

Copyrighted 2007 J ARCHITECTURE SYSTEM INC all rights reserved.
不可能を可能に。命を守るJ建築システムの耐震・補強構造