会社情報
構造設計
新商品の企画・開発
室内環境設計
アドバイス・コンサルティング
技術協力
講演、研修
論文・マスコミ
特許出願
裁判に伴うコンサルティング
設計施工・不動産全般
デザイン
 
アドバイス・コンサルティング
   
  これからの住宅業界は、 耐震・耐久性はもとよりエコロジーや省エネルギーなど地球的な視点に立って、 さらなる技術を育み、明確に示さなければなりません。 J建築システム(株)は、これまでに培ってきた技術システム、 そして多様なアイテムを総合的な実践ノウハウとして提供するとともに、 アンテナを張りめぐらせて常にフレッシュで確かな情報をスピードをもって提供するなど、 多種企業からユーザーまでのコンサルティングを行っています。  
技術協力
大変化の業界。生き残るためには何をし、何をどのよにすべきかは各企業によって悩みは様々です。
その企業の希求するキーワードを伴に探り、あるべき姿の対策と行動を協力いたします。
[基本姿勢]
● 安全・安心の性能
● 快適な空間
● ローコスト・プライス
 

1 行政認定を伴うノウハウの構築及び申請の協力
2 コストスタディと具体的な対策
3 性能立証と評価(実験、CP、数値解析などによる)
4 耐久性と保証のあり方とアイテム
5 快適条件と具体的プラン
6 設計・施工の高効率化
7 営業ノウハウと実践サポート...etc

講演、研修
コンサルティング協力企業や団体に対して、建築全般にわたる内容で講演・技術研修の講師を行っています。
○各種講演 十数回/年
 
▲国土交通大臣賞パネルディスカッション(有楽町朝日ホール) ▲林産大臣来日記念基調講演(カナダ大使館内にて) ▲J-耐震開口フレームセミナー(東京国際フォーラム)
▲ページトップへ
論文・マスコミ
学術論文をはじめ、マスコミのアカデミックな広報誌から一般誌への記事依頼を含め執筆しています。
▲ページトップへ
特許出願
自社特許の取得はもとより、特許取得の協力や共同開発による特許出願などを行い、さらに特許に基づく商品化、自社特許の他社実施権の供与などを行っています。  
■特許一例
 ●梁受け金物/意匠登録第934906号(H7.6.28)
 ●梁受け金物/意匠登録第936306号(H7.7.25)
 ●基礎形成用部材と基礎の形成方法(ジャストフーチング)/特許登録第2544296号(H7.8.25)
 ●エアーマット足場/実案登録第2515279号(H8.8.2)
 ●梁受け金物/米国特許P Number5,577,856(H8.11.26)
 ●横架材構造(ボックスビーム)/特許登録第2596699号(H9.1.9)
 ●梁受け金物/意匠登録第980333号(H9.2.10)
 ●柱と梁の連結構造/実案登録第2550182号(H9.6.13)
 ●シェルターユニットバス/特許登録第2673672号(H9.7.18)
 ●梁受け金物/カナダ特許CANADIAN P 2,127,181(H10.6.10)
 ●梁受け金物/意匠登録第1018925号(H10.6.12)
 ●梁受け金物/意匠登録第1018926号(H10.6.12)
 ●梁受け金物/意匠登録第1018930号(H10.6.12)
 ●梁受け金物/意匠登録第1018931号(H10.6.12)
 ●梁受け金物(新J金物)/意匠登録第1018981号(H10.6.12)
 ●耐圧版式グリッドポスト基礎の形成方法/特許登録第2829313号(H10.9.25)
 ●座金/実案登録第3055307号(H10.10.21)
 ●梁受け構造/特許登録第2893379号(H11.3.5)
 ●合板受け材取付け金具/実案登録第3057925号(H11.3.10)
 ●木造建築物における開口部用耐震フレーム/特許登録第2946299号(H11.7.2)
 ●建築用フレームを用いた建築物/特許登録第2961595号(H11.8.6)
 ●ヘルシーハウス/商標登録第4305030号(H11.8.13)
 ●土留め用ブロック/実案登録第3063554号(H11.8.18)
 ●たる木受けあおり止め金物/意匠登録第1048823号(H11.6.4)
 ●合板受け材取付け金具/意匠登録第1063726号(H11.12.3)
 ●合板受け材取付け金具/意匠登録第1063727号(H11.12.3)
 ●ヘルシーハウジング/商標登録第4347003号(H11.12.24)
 ●弾性ゴム座金/特許登録第3259164号(H13.12.14)
 ●束石状体/特許登録第3689411号(H17.6.17)
 ●耐圧盤式基礎の形成方法/特許登録第3465026号(H15.8.29)
 ●集成材を用いた軸組工法/特許登録第3270747号(H14.1.18)
 ●建築物の繊維補強システム/特許登録第3588015号(H16.8.20)
 ●接合部材及び接合構造/実案登録第3091629号(H14.11.13)
 ●木造躯体の外付け木質耐震開口フレーム/実案登録第3099949号(H15.12.10)
 ●繊維シートを用いた建築部材の接合構造/実案登録第3102245号(H16.3.24)
▲ページトップへ
裁判に伴うコンサルティング
最近住宅のクレームに伴うトラブルが多くなってきており、「現象」「原因」に関する技術的評価が多方面から依頼されています。しかし、基本的には業務とはしていません。  
1裁判資料作成
2調査、まとめ
3場合により公判立会い
▲ページトップへ
 
トップページ会社概要プライバシーポリシー利用規約サイトマップお問合わせ
 
  〒005-0822
北海道札幌市南区南沢2条3丁目13-30 JASビル
TEL:(011) 573-7779 / FAX:(011)573-7811

東京事務所:東京都文京区本郷3-30-8 熊野ビル3F

Copyrighted 2007 J ARCHITECTURE SYSTEM INC all rights reserved.
不可能を可能に。命を守るJ建築システムの耐震・補強構造